【Flutter/Dart】メソッドの引数の書き方まとめ

image

メソッドに引数を設定することはよくありますが、その設定方法にも色々あるので紹介します。

version

  • Flutter 3.0.5
  • Dart 2.17.6

名前なし引数

必須引数にする場合

//定義
void unnamedArgumentRequired(String text) {
   print(text);
  }

//呼び出し
unnamedArgumentRequired('あああ'); //あああ

オプション引数にする場合

[]で囲めばオプション引数になる。

//定義
void unnamedArgumentOptional([String? text]) {
    print(text);
  }

//呼び出し
unnamedArgumentOptional(); //null
unnamedArgumentOptional('いいい'); //いいい

オプション引数に初期値を設定する場合

//定義
void unnamedArgumentWithInitialValue([String? text = '初期値']) {
    print(text);
  }

//呼び出し
unnamedArgumentWithInitialValue(); //初期値
unnamedArgumentWithInitialValue('ううう'); //ううう

名前付き引数

{}で囲めば名前付きで引数を指定できる。

必須引数にする場合

//定義
void namedArgumentRequired({required String text}) {
    print(text);
  }

//呼び出し
namedArgumentRequired(text: 'えええ'); //えええ

オプション引数にする場合

//定義
void namedArgumentOptional({String? text}) {
    print(text);
  }

//呼び出し
namedArgumentOptional(); //null
namedArgumentOptional(text: 'おおお'); //おおお

オプション引数で初期値を設定する場合

//定義
void namedArgumentWithInitialValue({String? text = '初期値'}) {
    print(text);
  }

//呼び出し
namedArgumentWithInitialValue(); //初期値
namedArgumentWithInitialValue(text: 'かかか'); //かかか 

【参考】必須引数とオプション引数が共存しているとき

こんな感じの書き方になります

void sampleMethod(
    String? text1, {
    required String text2,
    String? text3,
  }) {
    //何らかの処理
  }

さいごに

引数の数が多いメソッドは名前付き引数にした方が読みやすいコードになる気がします。

お知らせ

11月5日開催のアプリ開発講座の参加者募集中!!

11月5日開催のアプリ開発講座の参加者募集中!!

11月5日にアプリ開発講座を開催します!会場は岐阜県美濃加茂市のコワーキングスペース「こやぁね」です。興味のある方は是非ご参加ください!

Read More
可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!

可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!

可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!可茂IT塾のエンジニアの判断で、一定以上のスキルをを習得した方には有給でのインターンも受け入れています。

Read More

お知らせ

11月5日開催のアプリ開発講座の参加者募集中!!

11月5日開催のアプリ開発講座の参加者募集中!!

11月5日にアプリ開発講座を開催します!会場は岐阜県美濃加茂市のコワーキングスペース「こやぁね」です。興味のある方は是非ご参加ください!

Read More
可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!

可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!

可茂IT塾ではFlutterインターンを募集しています!可茂IT塾のエンジニアの判断で、一定以上のスキルをを習得した方には有給でのインターンも受け入れています。

Read More