Googel Apps Script で自分あてに毎日LINEメッセージを送る(初心者向け)

image

Google Apps Scriptとは

Google Apps Scriptは、Googleのツールやサービスと連携して利用できるプログラミング言語です
Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用でき、GmailやGoogleスプレッドシートなどと連携したプログラムが書けるので、初心者でも簡単にプログラムが書けます
今回は、Google Apps Scriptを使って、自分あてに毎日LINEメッセージを送ることができるようにします
コードの解説はしませんので、基本コピペとクリックでできるようになります

LINEトークンを取得する

まず自分あてにLINEメッセージを送るためにLINE Notifyというサイトからトークンを取得します
https://notify-bot.line.me/ja/

①自分のLINEのメールアドレスとパスワードを入力してログインします

②マイページを選択

③トークンを発行するを選択

④トークン名を入力して、「1 : 1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択してトークンを発行します

⑤発行したトークンをコピーして、どこかに保存しておく

LINEにメッセージを送るスクリプトを作る

①新規でgoogleスプレッドシートを作り、スクリプトエディタを選択

プロジェクト

②myFunction()のコードを書き換えます

書き換えるコード

下記のコードをコピーして、myFunctionのコードと置き換えます
let token を先ほどコピーしたトークンに置き換えます

function sendLINE() {
  
 let token = "********************" // "****" 部分をLINEから取得したトークンに置き換える
 let options = {
   "method" : "post",
   "headers" : {
     "Authorization" : "Bearer "+ token
   },
   "payload" : {
     "message" : "hello!"
   }
 }

 let url  = "https://notify-api.line.me/api/notify"
 UrlFetchApp.fetch(url, options)
}

下記画面のようになります
「無題のプロジェクト」を「sendLineMsgプロジェクト」に変更します
赤枠の部分をクリックして保存します

実行する

実行するには、実行ボタンを押します

承認画面が出るので順番に承認します

admin-1

admin-2

admin-3

admin-4

admin-5

「許可」すると実行されます

goal

無事LINEメッセージが届きました!

毎日メッセージを送る

次に、毎日決まった時間にメッセージを送るように設定します
まずメニューから「トリガー」を選択します

trigger_1

次に
①イベントのソースを「時間主導型」にする
②時間ベースのトリガータイプを「日付ベースのタイマー」にする
③時刻を好きな時間に設定する。1時間単位で選択できます
④保存します

trigger_2

このようになります

trigger_3

これで自分あてに毎日LINEメッセージを送ることができるようになりました

まとめ

いかがでしたでしょうか
GoogleAppScriptを使うと普通はサーバーを借りないとできないようなことを簡単にできます
また今回はコードの解説はしませんでしたが、Google Apps Scriptは、JavaScriptをベースとしたプログラミング言語になっていますのでJavaScriptの勉強にもなります
次回はwebからデータを取得して、加工したものを自分のLINEに送る方法をやってみたいと思います