超初心者向け、Flutterアプリ開発体験講座を開催しました!

image

2021年6月13日にFlutterでのアプリ開発体験講座を開催しました!前回は1月24日に開催したので5ヶ月ぶりの開催となります。

講座で開発したアプリ

今回作成したのは、欲しいもの合計金額計上アプリ。
内容は、、そのまんまです(笑)

「欲しいもの」と「金額」を入力して、保存ボタンを押すと下の段に追加されて、一番下に合計額が表示されます。

デモ

参加者の紹介

今回の講座に参加いただいた方からの参加理由の一部を紹介します。

『2,3年前にMacを買ったが、まったく使っていなかったのでもったいないと思って参加した』

『スマホアプリの開発でデザイナーとして参加しているが、エンジニアの方がどういうことをしているのかを知りたくて参加した』

将来エンジニアになりたい!などの気負い必要なく、今後もこのような軽い感じで参加していただけると嬉しいです!

当日の様子

参加者の皆さんには、Gather という仮想会議室に入っていただき、スタート!
タイムスケジュールの説明のあと、スタッフと参加者がそれぞれ自己紹介をしました。

当日の様子1

当日進めていく流れをNotionであらかじめ作っておいたので、それを見ながら参加者とともに進めて行きます。

参加者のPC画面をシェアして、一つ一つのコードを説明しながらコードを書いてもらい、どのように変わったのかを確かめながら進めていきます。

Notion

当日の様子2

参加者全員が時間内にアプリを完成させることができました!
少し時間が余ったので、カスタマイズの内容を決めて、色を変えたり、数字のカンマを入れたり、削除機能を入れたりといったカスタマイズに挑戦しました。

カスタマイズしたアプリ

参加者からの感想

アプリ開発講座に参加してみた感想はこのような感じでした!

『開発環境のセットアップから教えてもらえてよかった。』

『アプリ開発は全くの初心者でしたが楽しく体験出来ました。テキストとサポートがしっかりしていたので迷うことなくできました。』

まとめ

今回は、初心者の方でも3時間で簡単なスマホアプリを完成させることができました。
全体のコードが100行程度、直したコードはその1/3くらい。それで、簡単なアプリを作れるのは驚きです。

Flutterは、以下のような特徴があるアプリ開発のフレームワークです。

  • 1つのソースコードでiOS/Android/Webアプリが同時に開発できる
  • UIを作るために必要なパーツも整っていて、簡単に凝ったUIが作れる。

あなたも世界的にも注目されているFlutterを使ってアプリ開発をはじめてみませんか。
興味のある方は、可茂IT塾に入っていっしょに学習しましょう!

今回のアプリを自分でも作ってみたいという方はこちらを参考にチャレンジしてみてください!

Flutterによるアプリ開発講座


https://www.notion.so/kamoit/Flutter-073822e6396947df8370ffee08d4d499