大学生・社会人向けプログラミング学習の一歩目

image

可茂IT塾がオススメする、大学生・社会人向けのプログラミング学習教材です。

前提

未経験者向けですが、未経験から今すぐ転職したい人向けの内容ではありません。自分でなにかサービスを開発したい、2,3年先もHOTであろう技術を習得したい人向けです。

もし自分でしっかりと形にしたアプリやWebサービスを開発して公開できれば、仕事に困ることはそれほど無いと思います。それ以上に、利用者やお金の流れを学ぶ事ができ、ビジネス面のスキルも習得できるので、そちらの方がためになるかもしれません。

無料の教材

インターネットには数多くのプログラミング教材があります。その中から初心者向けのプログラミング教材をピックアップしました。

Progate

ドキュメントがとても分かりやすいです。発展的な内容は月額980円(税抜)で利用できます。

HTML & CSS 学習コース 初級編 | Progate


https://prog-8.com/lessons/html/study/1

JavaScript 学習コース I | Progate


https://prog-8.com/lessons/es6/study/1

ドットインストール

こちらは動画の教材です。動画の教材の方が合うという人はこちらの方が良いでしょう。
月額1,080円(税込)でプレミアム会員になる事ができ、発展的な内容を学ぶ事ができます。

HTML/CSSの学習環境を整えよう [Windows版] (全5回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_pcsetup_win_v2

HTML/CSSの学習環境を整えよう [macOS版] (全5回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_pcsetup_mac_v2

はじめてのHTML (全14回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_html_v5

はじめてのCSS (全15回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_css_v5

はじめてのJavaScript (全11回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_javascript_v4

有料の教材(Progate)

Progateで有料会員になった場合のオススメ教材です。
Progateはブラウザで完結し、開発環境を整える必要が無いのは非常にありがたいです。

React

Reactは世界で最も人気のある、ウェブフロントJavaScriptフレームワークです。現在の日本では2番手のように感じますが、遅れて流行ってくるので今後も使う人が増えると思います。

「ウェブフロントJavaScriptフレームワーク」が理解できないかもしれませんが、簡単に説明すると「フレームワーク(ここではReact)に沿ってJavaScript等でプログラミングすると、Web画面に情報を表示できるもの」という事です。

React 学習コース | Progate


https://prog-8.com/languages/react

Python

Pythonは機械学習やAI(人工知能)のプログラミングで主に使用される言語です。
この教材はそういった内容ではありませんが、言語としてPythonを学ぶ事に価値があるでしょう。

Python 学習コース | Progate


https://prog-8.com/languages/python

有料の教材(ドットインストール)

ドットインストールは動画なのがありがたいです。
iPhoneアプリやAndroidアプリの教材は古いのでオススメしません。これらは少し古いとすぐに動かなくなります...
ここでは省きますが、Unity関連の教材もオススメです。ただし、Unityのバージョンは必ず合わせましょう。

Vue.js

Vue.jsも世界中で人気のある、ウェブフロントJavaScriptフレームワークです。日本ではReactよりも人気のように感じます。
そのため、困った時にも日本語の情報が多く見つかるため、学習を進めやすいフレームワークです。

Vue.js入門 (全17回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_vuejs_v2

React

React入門 (全19回)


https://dotinstall.com/lessons/basic_reactjs

ネクストステップ

これらの学習が完了したら、Webサービスをつくって公開できるレベルにかなり近付いてました。
ゲームやスマートフォンアプリを作りたい場合は、そちらにもチャレンジしてみましょう。

Web

ウェブフロントはできるようにっても、データのやりとりが必要な場合、バックエンドとの連携が必要になります。その連携を便利にするために、紹介したウェブフロントJavaScriptフレームワークを更にパッキングしたフレームワークがあるので以下に紹介します。

Reactが良いなと思った人

Next.jsまたはGatsby.js

Vue.jsが良いなと思った人

Nuxt.js

これらを調べてチャレンジしてみてください。YouTube等にも多くの動画がアップされています。Vue.js系の方がReact系に比べて日本語の情報が圧倒的に多いので、その辺りも考慮すると良いでしょう。
バックエンドはFirebaseを利用するのがオススメです。

ゲーム

ゲームを作りたい場合はUnityを使ってみましょう。スマートフォンだけでなく、SwitchやVRデバイスでも動かす事ができます。公式のチュートリアルやドットインストールなどに無料の教材があります。
初心者向けにUnityのインストール方法と、Unityの勉強の始め方を解説した動画を紹介します。ゲームクリエイターを目指している場合は、これら動画以外にも、チャンネル内の動画は全体的にチェックすると良いと思います。

【超初心者向け】Unityのインストール方法を解説します - ひろはす ゲームクリエイター養成所


https://www.youtube.com/watch?v=FIIeGcDsr7U

【Unity】初心者向けに勉強の始め方を解説します - ひろはす ゲームクリエイター養成所


https://www.youtube.com/watch?v=51k9rFTa3-8

スマートフォンアプリ(ゲーム以外)

現状ではFlutterの勉強をする事をオススメします。
数年前のスマートフォンアプリ開発では、iOSとAndroidを別々のフレームワーク・言語でプログラミングする必要がありました。しかし現在は、両方の端末でそこそこのパフォーマンスで動くフレームワークがいくつもあります。その中で、Flutterが今後一番HOTなフレームワークとなるのではないでしょうか。
こちらもバックエンドはFirebaseを利用するのがオススメです。

日本語の情報も増えてはきましたが多くはありません。YouTubeの動画が学習しやすいと思います。

Flutter - Beautiful native apps in record time


https://flutter.dev/

Flutter Tutorial for Beginners - The Net Ninja


https://www.youtube.com/playlist?list=PL4cUxeGkcC9jLYyp2Aoh6hcWuxFDX6PBJ

さいごに

可茂IT塾ではこれらの技術にスポットを当てた動画コンテンツの提供や、質問に対するサポート、トレンドの情報共有を行っています。
興味のある方はぜひ入塾してみてください。